読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フシギにステキな素早いヤバさ

フシギにステキな素早いヤバさを追いかけて。俺は行くだろう。

【フォロワーへの回答】ロジカル・アート・スクールのロジカツ!中間報告

Twitterのとあるフォロワーから下記のようなご質問をいただいたこともあり、また、中間報告を書きたいと思いながらもなかなか書く時間も取れていなかったので、この機会に書くことにします。

yaoki.hatenablog.com

ロジカル・アート・スクールはバーバラ・ミントのロジカル・シンキングを教えている

基本的にはこの本に基づいて、いわゆるロジカル・シンキングを教えています。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

疑問としてそもそもそんな「ロジカル・シンキング」がアートの役に立つのか? というテーゼが頭に浮かぶでしょう。 むしろ本アート・スクールは「役に立つ」もしくは「役に立たない」ということを証明するために1年かけて活動します。

そしてもちろん、立場としては「役に立つ」という結論に向けてがんばっています。

講義と実習によるインストール

週に1度の授業は2時間から3時間ぐらいで、前半を講義、後半を実習という感じで構成しています。

講義では先ほど紹介した本の主張である「ピラミッド・プリンシプル」の内容を紹介し、実習では実際にみんなでノートに向かい、図を書き、それを発表して検討するというスタイルをとっています。

では、ピラミッドとは何か? それは、あなたの思考の論理構造を視覚化すると得られる図のことです。トップに結論が、それから下へ向かうにつれて結論を構成するための根拠や事実が述べられます。

f:id:yaoki_dokidoki:20150712114240j:plain

ぼくが1年を通して生徒の方々に教えたいのは、この思考法・表現法を身につけることで、できる限り自分の考えをクリアにし、より複雑な思考と表現に耐えうる能力を身につけてもらうことです。

そして、そもそもこんな理論を学ぶのも制作と展示をうまくやるためなのですから、少し理論を仕込めたなと思った時点で制作と展示にかかることにしました。

今日まで

生徒は8名ぐらいいます。「けいおん!」の放課後ティータイムみたいになりたいです。

  • 2015年06月21日 初回講義。顔合わせ。オリエンテーション
  • 2015年06月27日 数人で中島晴矢個展「ペネローペの境界」@TAV GALLERYを見にいく。
  • 2015年06月28日 2回め講義。
  • 2015年07月05日 3回め講義。数人でneralt氏のライブを見にいく。
  • 2015年07月12日 4回め講義。インテリ・メディア・クリエイターのneralt氏に「高校生でもわかるMECE」の講義を行ってもらった。生徒からは「わかりやすい」と好評。数人で、entaku kikaku「退廃藝術展2015」@DESK/okumuraを見にいく。奥村直樹氏から展示オファーをいただく。じゃぽにか個展「普通のトモダチに戻りたい」@Art Center Ongoingを見にいく。
  • 2015年07月18日-19日 5回め講義。合宿回&温泉回。町屋Concentにて実習中心の夏合宿を執り行う。小城恵太、杉本克哉、花房太一氏に熱い介入を受ける。温泉へ行く@仙川湯けむりの里。3人ぐらいでじゃぽにかの個展を見にいく。
  • 2015年07月26日 6回め講義。展示に向けて本格的に動き始める。園子温個展「ひそひそ星」@Garter キタコレビルを見にいく。

そして明日から

9月21-22日にDESK/okumuraにて最初のグループ展を開催します。

  • 2015年08月02日 7回め講義。展示の準備だな。
  • 2015年08月08日 8回め講義。DESK/okumuraにて奥村さんを交えて展示の打ち合わせ。
  • 2015年08月09日 オキュパイ・スクールで主宰の島袋八起が講義。keroppymaeda.cocolog-nifty.com

ロジカル・アート・スクールはお気軽に見学等していただけます。